アメリカのメリーランド大学に留学した体験談 ATMを使うには・・・

千葉県・35歳・Pさんの口コミ

メリーランド、カレッジパーク・語学留学

期間【2003年6月~2004年5月】

 

私は学生の頃、語学留学をしました。
場所は、アメリカのメリーランド州にあるメリーランド大学です。

留学期間は短く、2003年から2004年までの1年間です。
最初は学生寮に住んでいました。

留学開始間もない頃は、緊張の連続でした。

そもそも自分の英語は通用するのか不安でした。
しかし、英語に関しては、案外通じます。

ネイティブと何度か会話をして、自信がつきました。
できれば、留学前にネイティブと話しておくのがおすすめです。

最初はどきまぎしながら、会話をしていました。
ですが、話し慣れると、次第にディベートなども行いました。

また、食事をどうしようか悩んだものです。
最初の一週間は、コンビニでよく食料を調達しました。

メリーランド大学周辺には、飲食店がほとんどないからです。
あるのは、中華料理屋だけです。

その後、学内にマクドナルドなどがあることが分かりました。
しかし、当初は飲食店が見つからず食事にさえ困ったものです。

学生寮で料理をしてもよいのですが、調理料なんて持参していません。
とはいえ、食事には毎食苦労させられました。

学内では、そのほかベーグルや定食のようなものが食べられました。

が、毎日となると、バリエーションが乏しかったです。
地域によっては、食事で苦労する留学生は多いと思います。

また、はじめての海外留学であれば、カードは必須です。
東京では、至るところでお金が降ろせます。

しかし、アメリカでは地域によっては、そう簡単ではありません。
お金がない場合には、最悪カード払いができると重宝します。

学内にもATMはありますが、メリーランド大学は広いです。
ちょっとお金を降ろしたいだけなのに、10分以上歩きます。

海外でも使えるカードは、1枚は確実に欲しいところです。

クレジットカードだけでなく、海外プリペイドカードというチャージ式のプリカでもいいでしょう。

 

メリーランド大学周辺は、大変住みやすい地域でした。
自然が豊かで、現地の人たちも温和な人が多い印象です。

しかし、治安の悪い地域もあります。
日本でもコンビニで、ちんぴらがたむろしていることがあります。

これと似た地域を目撃したときは、ひやりとしたものです。
何しろ体が大きいですし、迫力が違います。

色々な地域に遊びに行きたいと思ったのが、失敗でした。

閑静な住宅街がある一方で、そこいらじゅう落書きだらけ。
感じの悪い高校生たちが、タバコを吸うなどしています。

そうした地域もあるので、安易に出歩きすぎないのも大切です。

もし方々に出かけたいなら、昼間にした方がよいです。
私は放課後、夜遅くなってから出歩いていました。